Skip to content →

Biglobe SIMの評判や料金は?

ドコモの d ポイント au の au ウォレット SoftBank の SoftBank ポイント追加キャリアのポイントは乗り換えるときに全部なくなってしまいます。

ですので頭に使っておかないといけません。

携帯料金に使ったり買い物に使ったり 商品と取り替えておいた方が無難です。

ドコモでは家族の会社を一括で請求することもできますが、その場合は D ポイントは 代表のお父さんなどに付与されているので 子回線の方が 格安 SIM に乗り換えてもポイントがなくなるとはありません。

カウントフリーって何なのか カウントフリーは特定のアプリで送信受信したパケットをモバイル通信に含めないことでモバイル料金を節約することができるものです。

LINE 通話はカウントフリーという場合は LINE の通話をした場合その部分のパケットは無料にするということです。

また Facebook や Twitter Instagram などの SNS を無料にしてるところが多いです。

しかしラインがカウントフリーでも LINE の ビデオ通話は対象外になっていると言ったデッキ用がありますので、注意する必要があります。

カウントフリーを行っているのは LINE モバイル コミュニケーションフリープランと言われるものでは Instagram Twitter Facebook などが無料になります。

フリーテルでは ウィーチャットなどのアプリが カウントフリーになります。

また BIGLOBE では YouTube の動画がカウントフリーになるなどお得なサービスがあります。

格安 SIM の契約方法は三つのタイプがあります。

どれにしょうか。

迷ってしまいます。

まず一つ目は データ専用通信 データ通信専用 SIM SMS 機能付き SIM 音声通話付きこの種類の神話できることが違っています。

データ通信専用電話データ通信だけインターネットアプリの使用などしかできません。

SMS 機能付きは SMS のメッセージ送受信サービスが続いています。

LINE などの認証を必要なときは SMS 機能付きを購入した方がいいです。

そして最後の通話音声通話機能付き SIM は電話番号を持つことができ au ドコモソフトバンクなどと同じように通話行えるタイプです。

料金はデータ専用 SMS 機能付き SIM の順に高くなっています。

そして音声 SIM 通話 SIM には最低利用期間縛りがあってだいたい半年から一年以内に解約すると9500円がかかるところが多いです。

また本人確認も厳しくなっていて住民票親運転免許証 保険証などのコピーをアップロードする必要があります。

データ専用シムにはこのような 本人確認はいらないので 簡単に契約することはできます。

そもそもシムロックとは何なのでしょうか。

シムロックは キャリアのビジネスモデルを成功させるための ロックのことです。

ある会社のシムロックがかかっていると他のキャリアに行ってもその端末は使えません。

そのためあるキャリアに縛ることはできます。

例えばドコモの SIM ロックかかっているものは au やソフトバンクでは使えません。

しかし最近ではこのシムロックがかかっていないスマホ SIM フリースマホが普及していきたい SIM ロックがかかっているスマホ端末もある一定期間を得れば SIM ロックを解除するべきという考え方が主流になってきて現在キャリアで購入したスマホは 分割払いの場合は半年以上あと 一括払いの場合は即日 SIM ロックを解除することもできます。

シムロックが解除されたスマホ端末は docomo au SoftBank 格安シムのどこのキャリアを使うことができます。

ただし通信方式のネックはあります。

通信方式が異なっているとそのスマホ端末が異なる通信方式を受け付けることはできずせっかくシムロックを解除しても使うことができません。

ドコモとソフトバンクは同じ通信方式を使っているので問題ないのですが、 au では異なる通信方式を使っていてシムロックを解除しても使えない場合が多いです。

Biglobeモバイルのデメリット

また docomo と SoftBank は問題はないと言っても対応しているバンド周波数に違いがありドコモのスマホ端末でソフトバンクの会社の利用しょう。

とすると周波数が一致していなくて一部の 通信が利用できず外が落ちたり田舎で途切れてしまったりといったトラブルが起こります。BiglobeモバイルはもともとビッグローブSIMでした

格安 SIM にもデメリットやメリットがあります。

まずメリットについてメリットは料金が安いということです。

言うまでもなく料金が安くなります。

例えば月6000円から1万円程度のキャリアの利用料金を払っている場合格安シムに乗り換えると約1000円台からスマホを持つことができます。

また電話のかけ放題オプションをつけても2000円程度で使うことができ大体大手キャリアの1/3から5分の料金に減らすことができます。

ドコモではかけ放題2700円 SP モード300円データパック S 2 GB 3500円で最低料金が6500円です。

フリーテルの使ったぶんだけ安心プランを使うと100 MB しか使わなかった場合は999円で それ以外にかけたぶんだけの通話料払えば良いことになります。

これまでキャリアです。

マホを持っていてほとんど電話をしない電話番号はいらないという方も中に入るかもしれません。

そのような場合は格安シムではデータ専用 SIM を選択することもできます。

ネタ専用神はこれまで持ってきた電話番号を失うことになりますが、大幅に料金を安く使うことができおよそ音声シムの 700円から900円お得料金で使うことができます。