Skip to content →

ダニは何月に増加するのか、減らす方法は

今までダニとアレルギーの関係詞を見てきましたが、ダニを減らせばアレルギーを抑えることができるということがわかります。

それではどうやったらダニを減らすことができるでしょうか。

ダニの繁殖状況


実は心がけひとつでダニの量は大幅に減らすことも出来ますし大幅に増やしてしまう可能性もあります。

まずダニの繁殖状況を見てみましょう。

ダニは餌があって湿度が高く温度を適切で安全性が保たれていて、毛足の長い絨毯など住むところ繁殖できるところがあることが爆発的な増殖に関係しています。

また乾燥している地域が高温多湿の地域か、都市部なのか地方なのかによっても異なります。

つまり湿度や温度餌などを適切に管理することでダニの量は減らせるのです。

家の中でダニが多い所は絨毯そしてベットや布団の所畳の上も多いです。

アトピーの家族がいる家では絨毯は禁物です。

そして畳のダニの管理もしないといけません。

布製のソファーはたくさんダニがあり畳の上に絨毯を敷いてその上にソファを乗せるとさらに量が増えてしまいます。

それ以外の場合場所は布を貼ってある椅子、特に食事を食べる椅子、そしてぬいぐるみぬいぐるみにたくさんのダニがいると子供がずっと遊んで小児喘息アトピー性皮膚炎の元になってしまいます。

厚手のカーテンにもダニが床から這い上がって住んでいます。

絨毯は上の部分と下の部分ではダニの量が違う下の方がダニが10倍多くなります。

アトピー患者がいる方の地域では関係詞を見てきましたが、

ダニは夜増えるのか

ダニの数を数えて実験をしていると、ダニの量が昼と夜とで減ったり増えたりしていることがわかりました。

ダニは夜中に笛昼間少なくなります。

夜中ダニの活動が活発になり、畳の表面やソファーの上絨毯の上などに這い上がってきます。

そして昼になるとダニの活動は少なくなり絨毯の毛足に潜り込むなどして見た目の数は減ります。

ダニが増えない状況を作ることはある意味簡単です。

それは人間に快適な状態は誰にも快適だということです。

暖かい部屋いつでもお菓子が食べられる状況湿度があって潤っている状態、どれも人間とって心地が良いものですが、ダニにとっても心地が良いものだということを忘れないようにしたいものです。

また共働きが増えて昼間留守にしている家庭が増えていますが、これも実はダニが増える原因になっています。

家を空けている間は窓やドアなどはもちろん閉めています。

そうすると湿度がこもってしまいます。

そうするとダニが快適に増殖しています。

ダニは何月に増えるのか

ダニは何月に大量に繁殖のか、それは6月頃から10月頃までです。

精度が高く気温も高くなる6月、そして最適な環境で繁殖したチリダニ、ヒョウダニなどを捕食して生活するツメダニが8月ごろから急増します。

皮膚炎や喘息などの発作も7月に入って助動詞9月頃がピークになります。

そして11月以降は治っていきます。

ダニは25°から28°ぐらいそして湿度は10%ぐらいが一番快適だといわれています。

9月がピークになります。

Published in ダニ捕りマット

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)