Skip to content →

糖尿病の食品交換表の使い方-食品の選び方

どうしたら目安で考えて行っても構いません。

しかし時々は単位数をチェックして自分の感覚値と本当の値がずれていないかチェックする必要があります。

糖尿病の食品交換表

の使い方指示されたエネルギーを1単位として覚えるお医者さんから指示されたエネルギー量を80で割って何単位食べれば良いか測ってみます。

例えば1600キロカロリー食べて良いといわれたら20単位となります。

ですので、色々な食品から20回分の食品を摂るようにします。

各グループのどれを何単位食べるのか単位がわかったところでどれをどのくらい食べていいのかという分類の壁にぶち当たると思います。

例えば番号1では6単位番号にでは1単位といったふうに主な単位配分が決まっていますので、それに合わせて単位を選ぶようにします。

1500kcalであれば番号1が10単位などと決まっています。

ですので、ある程度自分の好きなものを選ぶことができます。

1200キロカロリー以上食べている人は何単位顔炭水化物から肉食品に移すなどある程度自分の思考を反映させることができますが、1200キロカロリー以下しか取れない人はそのような自由が許されていません。

病院によっては1色ですが、どのような状態かわからないため配分した資料を見せてくれる今日のようなものを配ってくれることもあります。

そうすると見た目でどのくらいの量食べたらいいか分かるので初めて食事療法をするという人でもできます。

食品交換表の使い方

その2食品交換表の使い方はこれがメインの使い方ですが、それ以外に応用の方法もあります。

実際に交換する時はご飯55グラムとゆでうどん80gが交換できるということがわかります。

こうやっても眺めているだけでもそれぞれの食品がどのくらいのカロリーがあるのかといったおよその傾向わかることができます。

80kcalと決めたグラム数ですので、グラム数が多いほど低カロリーで寿司グラム数が少ないほどカロリーが高いということが想像できます。

あわ35gで80キロカロリーありますが、おかよう110g食べられます。

いつも交換表を眺めていることでそんな感覚がつかめてくるようになりあまり興味ていない人ではなかなか感覚がつかめず作るのが難しくなってしまいます。

食品交換表の使い方のコツコツとしては毎食の食べる量を決めておくと食事の度に何度も測る必要はなくなりカロリーを計算するべき材料と区別することができます。

食べる量を自分である程度決められるもの食べる量あるけど自分で決められるものとして糖質というものがあります。

糖質はどのくらいの盛り付け量で何キロカロリーぐらいになるか知っておく必要があります。

ただし同じ器を使わないといけません。

器の大きさ変わってしまうと三田目量が全く変わりどのぐらいの目安か分からなくなってしまいます。

主食の量

食パンは6枚切りのものが60gで痛いとされています。

ですので、5枚切りのパンを食べる人などはそれぞれ計算をしないといけません。

ぱんめんはほとんどの場合は1グラムで1単位となっています。

ですので、一食で見たい食べられる人は40グラム食べることは出来ますし、4単位食べられる人は80グラム食べることができます。

茹でてあれば当然重さ重くなりますが、重量あたりのカロリーは小さくなります。

およその量測る目安として拳を使うという方法もあります。

果物を計算する時糖尿病の方が果物食べる時1単位はバナナ小さいものが1本みかんなら2つぐらい食べられると考えられます。

1日1単位の果物食べていいかとではバナナを小さいもの一本食べたりブドウを15個食べたりなどある程度自由に計算することができます。

しかし同じ事いっても200gのリンゴから300グラムを超える林檎まで様々なものがあります。

Published in 弁当宅配

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)